Back to top

Omega 3 fatty acids | オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は犬にとって重要な栄養素の一つです。今日ではフードと切り離すことができません。
ヴェラス・ペットフードでは犬が必要とするオメガ3脂肪酸を高いレベルで補えるように作られています。

オメガ3脂肪酸は免疫系を健康に保ち、アレルギーなどの疾患を妨げます。

一般的に、肌の乾燥を防ぎ、毛並みを健康的に保ち、心臓疾患や癌、その他の疾患の予防に良い効果があるといわれます。

特にオメガ3脂肪酸にこだわっているのはヴェラス・ペットフードラインナップの、『オプティコート・フィッシュ』です。
EPA、DHA、ALAオメガ3脂肪酸を豊富に含みます。

オプティコート・フィッシュで使われる魚のオイルはアメリカ北西部の冷たい海で獲られる天然物のニシンです。
亜麻仁オイルは農産物として得られるオメガ3脂肪酸です。

多くのペットフードはオメガ6脂肪酸を多く含みます。
オメガ6脂肪酸はコーンオイル、キャノーラ油、オリーブオイルといった安価なオイルです。

オメガ脂肪酸はオメガ6とオメガ3のバランスが重要です。
オメガ6脂肪酸のことをあまり考慮していない多くのフードではだいたい4:1 ぐらいから20:1 ぐらいの割合です。
しかし、天然の青魚と高価な亜麻仁を使用するヴェラス・ペットフードのオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の割合はなんと1:1なのです!

実際、犬の細胞にオメガ6脂肪酸が多すぎると、炎症の原因となり、免疫系を抑制されるのです。