アダルト・メンテナンス

高級食材のラム肉

ヴェラス・ペットフードでは、ニュージーランドで食肉用として飼育されたラム肉を使用しています。

  • より消化吸収に優れ
  • アレルゲンのリスクが極めて低く
  • ラム肉ならではの味わい

あなたの愛犬は消化器が弱くはないですか?少々、偏食家ではないですか?食事に制限はありませんか?

求められるニーズにこたえるために用意されたフード。

それがアダルト・メンテナンスです。

 

 


人の食卓にのぼるラム肉の料理。ラム肉は消化吸収に優れ、豊かな味わいを食事にもたらします。

人の食卓にのぼるラム肉の料理。ラム肉は消化吸収に優れ、豊かな味わいを食事にもたらします。

消化・吸収にいい肉を使う理由・その1

ヴェラス・ペットフードは厳選したラム肉、チキン肉、ニシン肉を使用しています。
それらは、どの食材も素晴らしいたんぱく質源です。

たんぱく質を消化・吸収するということは、たんぱく質を胃腸内でたんぱく質分解酵素でアミノ酸に分解して吸収することです。

しかし、食事で得る肉(たんぱく質)のすべてが、酵素で分解されることはありません。
そして、肉の部位によっては全く分解・消化できないものもあります。
※ヴェラス・ペットフードでは絶対使用しないバイ・プロダクト・ミールというフードの原料がありますが、そのようなものでもたんぱく質源として諸元表には表示されます。

分解・消化・吸収しやすさこそは、肉の良し悪しを決定する重要な要素です。


消化・吸収にいい肉を使う理由・その2

一般的にラム肉は、チキン肉以上に消化・吸収に優れているといわれます。

消化・吸収できるから良いのはもちろんですが、逆に消化吸収できなかったたんぱく質は健康に悪影響を及ぼすことがあります。

分解・消化・吸収されなかったたんぱく質は糞として出るだけでなく腎臓にも影響します。

全く奇妙なことですが、ペットフードを語るときに「犬は肉食動物だから、たんぱく質は高ければ高いほどいい」ということをいう人がいるようです。
※ペットフード・メーカーにも、高たんぱく質フードであることをアピールするフードがありますが、そのメーカーもそう思っているか、あるいは「それで売れるならそうする」というポリシーなのでしょう。

しかし、消化吸収できないたんぱく質は確実に愛犬の健康に悪影響を及ぼすのです。AAFCOも犬のライフステージに必要なたんぱく質量を規定しており、多ければ多いほどいいなどとは言っていません。

ただ、ヴェラス・ペットフードがペットフードの食材としては高価な、フリーゲージで健康的に飼育されたチキン肉とラム肉、そして天然のニシン肉にこだわるのには健康上の理由があるからだけではありません。

それらの食材はとても美味しいのです。


100%フリーケージ飼育のラム肉

いかなる薬も成長ホルモンも抗生物質も使われずフリーケージで健康的に飼育されたものです。
ラム肉は優れた消化吸収が期待できるたんぱく質源です。

偏りのない炭水化物

全粒穀物のオーツ麦とブラウン・ライスは天然のビタミン、ミネラルだけでなく抗酸化作用のある成分も含みます。
そして食物繊維の素晴らしい味わいは、偏食がある愛犬の食欲をも満足させます。

生きたプロバイオティクス

革新的な凍結乾燥プロバイオティクスは愛犬の免疫系と消化機能を強化します。
消費期限を通じて、プロバイオティクスの価値は90%が保たれます。
ペットフードで一般的に使われるプロバイオティクスは生きていません。
生きたまま腸まで届くプロバイオティクスは腸内環境の向上に役立ちます。

チコリ抽出液は天然のプレバイオティクス

プレバイオティクスは腸の働きを助けます。

免疫系を高めるオメガ3脂肪酸

L-カルニチン

カルニチンは、体内の脂肪を燃焼しエネルギーに変える働きがあるアミノ酸です。

キレートミネラル

高価なキレートミネラルを使用しています。
キレートミネラルは吸収が難しいミネラルを吸収しやすくしたものです。

天然の抗酸化物質

フードの油分の酸化防止にミックス・トコフェノールを使用しています。

愛犬に悪いものは使いません

ミート・バイプロダクト、人工香味料、人工着色料、フィラー、コーン、小麦、大豆、砂糖は使いません。

アメリカで製造しています

中国製造ではありません。すべての原材料もまたアメリカで作られ調達されたものです。
鮮度が高く、品質面でも信頼できます。

 


成分保障値

タンパク質 22%(以上)
脂質 10%(以上)
繊維質 4.2%(以下)
水分 10%(以下)
αリノレン酸* 0.30%(以上)
活性プロバイオティック* 3 mil CFU/g(以上)

*AAFCOの犬用フードの栄養プロファイルで推奨栄養素とされているものではありませんが、ヴェラス・ペットフードでは重要な栄養素ととらえているものです。
3184.37 kcals/kg = 361 kcals/cup


使用食材

ラムミール / オーツ麦 / 玄米 / 米ぬか / 亜麻仁 / グレインソルガム / チキンファット(ミックストコフェノールで保存) / チコリエキス / 天日干しアルファルファ / 海藻 / 天然由来の香料 / ユッカ・シジゲラエキス / 乾燥・ペディオコッカス菌(生乳酸菌) / 塩 / ビタミンEサプリメント / アスコルビン酸(ビタミンC源) / ナイアシンサプリメント / ビオチン / 硝酸チアミン / L-カルニチン / D-パントテン酸カルシウム / リボフラビンサプリメント / ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) / ビタミンAアセテート / ビタミンB12サプリメント / ビタミンD3サプリメント / 葉酸 / 塩化コリン / 塩化カリウム / 亜鉛タンパク化合物 / 無水ペタイン / 鉄タンパク化合物 / セレン酵母 / 銅タンパク化合物 / マンガンタンパク化合物 / ヨウ素酸カルシウム


キブルス(粒)

アダルト・メンテナンスのキブルス(粒)。


どのヴェラス・ペットフードも『あなたの愛犬の健康のために』という志しをもとに作られています。
ヴェラス・アダルト・メンテナンスは、AAFCOによって提唱されているドッグフードが必要とする栄養素プロファイルを満たす、あるいはそれを超えるレベルとなるレシピで作られています。